前日夜に仕込む「水出しコーヒー」で忙しい朝もおいしいコーヒーを

気持ちのいい朝もそうでない朝も、目覚めの1杯って大切ですよね。

あなたはコーヒー派ですか?

それとも紅茶派ですか?

私の朝はコーヒーで始まります。

でも、ドリップしてコーヒーを淹れるのって結構面倒。

時間を掛けて少しずつお湯を注がないと上手く抽出できないんですよね。

忙しい朝はつい慌てて薄くて不味いコーヒーになってしまうことも。

これじゃ1日の始まりが台無しです。

私は、朝はバタバタするなってときには「水出しコーヒー」を淹れるようにしてるんです。

前日の夜に準備しておけば、朝には美味しいコーヒーができています。

手間が省けるだけでなく、ドリップよりもスッキリした味わいなのも気に入っています。

朝の貴重な時間が節約できておススメですよ。

スポンサーリンク

水出しコーヒーの淹れ方

<準備するもの>
●コーヒー

前日夜に仕込む「水出しコーヒー」で忙しい朝もおいしいコーヒーを

今回はサッパリ飲みたいので、カルディで中挽きにしてもらったグアテマラを使用。

カルディでは水出し用の挽き方を指定することもできます。

しっかりした味の水出しコーヒーにしたい場合は深煎りの豆を使ってください。

●お茶パック

前日夜に仕込む「水出しコーヒー」で忙しい朝もおいしいコーヒーを

100円ショップで購入したものを使用。

●保存容器

前日夜に仕込む「水出しコーヒー」で忙しい朝もおいしいコーヒーを

作るコーヒーの量に合わせて容器を準備します。

<淹れ方>
①コーヒーの豆をお茶パックに詰める

前日夜に仕込む「水出しコーヒー」で忙しい朝もおいしいコーヒーを

水:コーヒー粉は10:1ぐらいになるようにします。

今回は500ml作るので、お茶パック2つにそれぞれ25gずつ入れます。

②容器に水を入れ、コーヒー粉のパックを投入

前日夜に仕込む「水出しコーヒー」で忙しい朝もおいしいコーヒーを

500mlの水を注ぎ、コーヒー粉入りのパックを入れます。

前日夜に仕込む「水出しコーヒー」で忙しい朝もおいしいコーヒーを

コーヒー粉がしっかり水に浸るようにスプーンなどを使って優しく沈めてください。

③冷蔵庫で一晩そのまま放置

前日夜に仕込む「水出しコーヒー」で忙しい朝もおいしいコーヒーを

冷蔵庫に入れて8時間ほど経つと、このようにしっかり抽出されています。

コーヒー粉を取り出したら出来上がりです。

前日夜に仕込む「水出しコーヒー」で忙しい朝もおいしいコーヒーを

粉が水分を吸収する分、出来上がりの量は少々減ります。

調整してくださいね。

私はこのまま飲みますが、微粉が混ざっているのが気になる方はペーパーフィルターで濾してください。

残った分は冷蔵庫で保管し、24時間くらいで飲みきりましょう。

携帯マグを使って水出しコーヒーを作れば、粉の入ったパックを取り除くだけで、そのまま持ち出せます。

ホットで飲みたい、そんなときはレンジで温めればOK。

その場合、アイスのときより酸味が強くなります。

より本格的に水出しコーヒーを楽しむなら、専用のコーヒーポットを使いましょう。

アイスやホット、いろいろなコーヒー豆で試してみて、お好みの味を見つけてください。

楽天市場で水出し用コーヒーポットを探す

スポンサーリンク