正直なところ、最近のマンションなどは気密性が高く一年中カビが生えます。

私の部屋もちょっと目を離すと真冬でも窓ガラスのゴムパッキンなどに黒い斑点がすぐについてしまいます。

梅雨時期

特に梅雨の時期は気温が上がり始める上に湿度が高くなります。

そこにエサとなるホコリや汚れが揃えばカビにとって繁殖に絶好の環境になってしまいます。

カビ対策は梅雨に入ってからでは遅いのです。

梅雨を無事乗り切るために今すぐカビ対策を始めましょう。

(エアコンのカビ対策はこちらの記事、洗濯槽のカビ対策はこちらの記事で紹介しています)

バスルームは使用後すぐに汚れを落として水分を取り除く

梅雨のカビ対策_浴室

浴室の換気扇は入浴後すぐに回し、翌日まで回した状態にしておきましょう。

浴室のドアは閉めておいてください。

浴室入口のドアの下部にあるスリットなどから空気が通ることで換気が促進されます。

浴室に窓がある場合でも、窓を開けると換気の効率が下がってしまうので、窓は閉めて換気扇を回しましょう。

そして、カビの栄養源となる石鹸カスや泡を熱いお湯できれいに洗い流します。

それからシャワーで水をかけて浴室内の温度を早く下げるようにします。

その後、100円ショップでも購入できる水切りワイパーなどを使って水分を取り除けばカビの発生を抑えることができます。おまけに水あかがつくのも防げます。

せっかくお風呂に入って気持ちよくなっているのに掃除をするのは面倒だと思われるかもしれませんが、このちょっとした手間でびっくりするほど差がでます!

カビが生えてしまってからのほうがもっと大変なんです。

キッチンを使うときは換気扇、使用後は水分の拭き取りを

梅雨のカビ対策_キッチン

火を使って調理したりお湯を沸かすときには必ず換気扇を回しましょう。

室内に湿気がこもるのを防ぐことができます。

頻繁にキッチンを使うのであれば、使用後に軽く掃除をして水分を拭き取っておきましょう。

また生ゴミは残しておかないようにしてください。すぐにカビが生えてしまいます。

スポンサーリンク

クローゼットや押入れは隙間をあけて空気を入れ替える

梅雨のカビ対策_クローゼット

私は過去に2回アパートの1階に住んだことがありますが、カビの被害が一番大きかったのはクローゼットでした。

お気に入りの服やバッグを大量に処分する羽目になりました。

1階にお住いの方は特に気を付けてください。

クローゼットや押入れに物がパンパンに詰まっているとカビが生えやすくなります。隙間を作っておくことが大切です。

荷物の下にすのこを敷いたり、荷物が壁にピッタリくっついた状態にならないように収納します。

そして、クローゼットの中の空気を入れ替えるために、出掛けるときにクローゼットの扉の両端を少しずつ開けておきましょう。

空気の入口と出口ができるように2ヶ所開けておきます。

それでも湿気が気になるようであれば、休日にクローゼットの扉を全開にしてしばらくの間扇風機で風を送りましょう。

窓のゴムパッキンに溜まったホコリを取り除く

梅雨のカビ対策_窓

見落としがちな窓のゴムパッキンに溜まったホコリ。

これを放っておくといつの間にか黒い斑点に変わっています。

部屋の掃除をするときに窓を確認して、ホコリが溜まっていたら拭き取るようにしましょう。

また、窓が結露していたら水切りワイパーで水分を取り除いてください。

靴を下駄箱に戻す前に乾燥させる

梅雨のカビ対策_下駄箱

1階に暮らしていたとき、クローゼットに次いで被害が出たのは下駄箱でした。

外からの湿気も入りやすいため、カビが発生しやすい場所になります。

雨の日はもちろん、晴れた日であっても1日履いていた靴をすぐに下駄箱に入れてしまわず、せめて翌日までは玄関に出しておきましょう。

しっかり乾いてから下駄箱に戻すようにすればカビは生えにくくなります。

重曹を使った自作の湿気取りを活用しよう

市販の湿気取りは実際に取れた水分が目に見えるのでスッキリしますが、溜まった水を捨てなきゃならないし、大きなゴミが出てしまうのが気になります。

そこでおススメなのが、家中の掃除に役立つ重曹を使った湿気取りです。

クローゼットや靴箱などに入れても邪魔にならない大きさの瓶やプラスチック容器などに重曹を入れ、蓋を外して代わりにキッチンペーパーで蓋をするように紐やテープで留めます。
キッチンペーパーがなくても、通気性があって容器が倒れても中に入れた重曹がこぼれないものを蓋にするといいです。通気性は必須です。ここから湿気を吸いますから。

その上、なんと重曹には脱臭効果もあるんです!下駄箱には最適ですから是非試してみてください。

自然にやさしい重曹 食品添加物(600g)[重曹]
価格:228円(税込、送料別)

水分が吸着した重曹は固まってきますから、そのときは新しい重曹を入れ替えましょう。

もちろん、水分が吸着した重曹は掃除に使えますから、絶対に捨ててしまわないようにしてくださいね。

少量の重曹なら100円ショップでも購入できますから、まだ使ったことのない方はそちらで試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク